イギリス・日本の2拠点でFIRE(予定)

自分と未来は変えられる  選択肢を広げる生き方

GWの実家の片付け:子供部屋

-- FIREまで223日  

※2022年2月2日から、上記日付を1年前倒した。  

 

GWの実家片付けシリーズを書いておく。

 

実家に来ると、夫が使う今風のデスクとキャスター付きのチェアがある。

しかし、これらは祖母の介護のために先日祖母の部屋に移動してしまった。

ころころとフローリングの床を自由自在に行き来できる椅子は骨折した祖母を乗せて移動するのにとても便利で、祖母自身も器用にこの椅子を乗りこなして台所のちょっとそこまで移動したりするのに使っている。

夫が実家に来たからと言って、祖母から取り上げることはできないくらい、祖母の生活を支えている。

デスクはデスクで、祖母の部屋に介護用品を置いたり、祖母が軽作業(洗濯物畳みなど)をやるのに使っている。

以前は畳の部屋の床に座っていたが、今は一度床に座ったら立ち上がれないので、このコロコロ椅子とデスクで作業している。

 

夫は西洋人で床で長時間生活できないので、今風のデスクと椅子を失った夫のために子供部屋をキレイにして、子供の学習机を夫用のデスクにすることにした。

ちなみにこの学習机は私が小学校に入るときに買ってもらったものだ。

姉の学習机は随分前にジモティで処分しているが、私の分は残していて私が実家滞在時に仕事したりするのに使っていた。

 

この学習机がある2階は、子供の私達が巣立った後、完全に物置化している。

不用品というより、現在住んでいない姉のモノが多くて非常に困った。

積みあがった紙類を全出しして、種類別に分けるのはいつもの通り。

 

途中経過はこちら。

まずは机の上だけでもきれいにして、夫を座らせた。

f:id:Copacabana:20220513210512j:image

 

夫がパソコンでオタク系のYouTubeを見ている間、私はその上や周辺に大量にあったモノを整理。

明らかに捨ててもいいDM系と分けたりして、かなりスッキリした。

アフターの写真がないが、ブログ的に撮影しておくべきだった・・。

 

私の実家は、私で4代目になるので、代々の住民のモノがまだある。

誰のモノでもない食器や寝具などは母に聞いて処分できるが、持ち主固有のもの(思い出品や衣類)は本人がいないと処分できないので困る。

 

祖父の死を機に始めた実家の片付けでは、母の兄弟のもの、つまり私の叔父のものも沢山あって、いちいち叔父に聞いてからしか処分できずに本当に困った。

実家を出る時には、そこに残したものは住人に処分の判断を任せるくらいでないといけないなと思う。

 

そう思って私も自分のものは多く処分しているが、今回また処分した。(高校の卒アル。他の卒アルは処分済みだったが、高校のものはまだだったようだ。)

 

スーツケース一つで暮らせるくらいになるよう、他人のモノ以上に、自分のモノは処分しておきたい。

イギリスの永住権申請が厳しくなっていた(医療費のサーチャージ)

-- FIREまで224日  

※2022年2月2日から、上記日付を1年前倒した。

 

昨日の記事の続き。

 

イギリスの永住権申請は、私が申請した2011年よりかなり厳しくなっている。

昨日記事にした2点以外にも、もう一つ衝撃的な変更が。

 

永住権申請するまでは、ビザ保有者として合法的に居住していてもImmigration Health Surchargeと呼ばれるNHS(イギリスの国の医療精度)を利用するための追加料金を払わないと行けなくなっていた。

これは、悪用する人が多くNHS費用がかさんでいるという不満や事実に対する処置であり、2015年に導入されたようだ。

イギリスに居たのに、もう永住権を持っていた自分には関係なかった費用なので知らなかった・・。

 

NHSは困った人を見捨てないし悪用もされない、というイギリスの人助けの精神と性善説に基づいた制度であり、旅行者であっても一文無しであっても絶対に見捨てられない。(アメリカだと、緊急時でも保険があるかを確認されると聞くので、大違い。)

しかし、Medical tourism(イギリスで高度医療をタダで受けるためにイギリスに来る人)等がいたり、そもそも、公的制度なので無駄も多くタダだからとみんな気軽に医療を受けることもあって、費用がかさんでいて破綻寸前なのが事実だ。

 

現在のサーチャージ料金は年間624ポンド(約10万円)で、配偶者ビザの5年間(計3,120ポンド)払うことになる。

計算サイトもあり、配偶者ビザは3年分の料金を払うと計算されるが、これは最初配偶者ビザが3年分出て、その後、2年の延長を経て永住権申請ができるので、最初の3年の分しか計算されないのだろうと思う。

サーチャージ(追加料金)という名の通り、通常のNHS料金は確定申告や源泉徴収で払ったうえでの追加料金である。

https://www.gov.uk/healthcare-immigration-application/how-much-pay

 

この数日で永住権までのハードルや費用が高くなっていると知ってしまい、尚の事、何としてでもReturning Residentビザを取得せねばならいと強く思ったのである。

イギリスの永住権申請が厳しくなっていた(期間とテスト)

-- FIREまで225日  

※2022年2月2日から、上記日付を1年前倒した。  

 

イギリスに居た時は、Indefinite Leave to Remainという所謂「永住権」を持っていた。

2年間イギリスを離れると失効してしまうので、今は持っていない。

今度またイギリスに居住するために(settleするために)戻る際は、Returning Resident というビザで戻り、永住権を復活させるつもりだ。

もしこのReturning Residentビザが下り無かった場合は、配偶者ビザで入国し、永住権に切り替えるという、過去に行って超絶面倒くさくヘビーなプロセスを再度踏むことになるので何としてでも避けたいところ。

 

ところで、現在の永住権申請はどんな風なんだろ?と興味を持って調べてみたら、私の時代と随分変わっていて驚いた。

もちろん、以前より厳しくなっているのだ。

 

このサイトに詳しく書いてあるが、法改正があり2012年から特に大きく変わったのが次の2つ。

 

永住権申請まで5年の居住履歴が必要

私の時は配偶者ビザで入国後、2年で永住権を申請できた。(2009年に配偶者ビザで入国し、2011年に永住権申請・取得。)

 

Life in the UKテストと英語テストの両方合格が必要

私の時は、Life in the UKテストだけで良かった。

このテストはイギリス居住する上で知っているべき必須知識や常識を問うものだ。

専用の参考書(テキスト)もあるのでそれで勉強するのだが、宗教や聖人、医療制度や行政や議会制度、首相の住居(Downing 10)、人気のあるスポーツなどを幅広く聞かれる。

ちゃんとテストセンターで受講し、終わったら合否が出されて合格者は合格証明書(←永住権申請に必要)をもらって帰るのだ。

不合格だと、英語のテストを代わりに受けることになる。

(最初から英語のテストでも良かったのかもしれない。)

 

このイギリス常識テストの模擬テストを予習させずに夫に受けさせたら、70点だったか?の合格ギリギリラインだった。

つまり、生粋のイギリス人でも、自分に関わりのない部分は少し勉強しておかないと知らないことがあるのだ。(聖人や誰が医療費無料になるとか。)

 

続く。

インフレにどう対応して生活していくか

-- FIREまで226日  

※2022年2月2日から、上記日付を1年前倒した。  

 

インフレの波が来ている。

アラフォーの私は、そりゃ子供の時よりは物価は高くなっているが、イギリスで日々感じていたインフレのようなものは感じたことが無い世代だ。

 

このインフレに対し、特にFIREして貯蓄資産で生活しようとする私たちは、どんどんキャッシュの価値が目減りしていくことになる。

どう対応していくべきだろうか。

 

簡単に考え付くこととして、同じものを安いルートで購入する。

コンビニより安いスーパー、ネットでもセール時を狙うなど、当然の方法で既にやっている。

 

それより一歩進んで、食べ物の消費量を減らすことも考えている。

無駄遣いを止めるということではなく、食べる量を減らすのだ。

食べないわけには行かないが、年齢的にも今よりもずっと減らしてもいいと思う。

 

私は肥満体ではなく、標準体型だが食べすぎのように感じている。

平日は朝食を取らず内臓を休めているが、朝食を抜いても特に困ったことはない。

 

断捨離にはまったときは、自然に体重が落ちていった。

心が満たされ、足るを知るからだろうと思う。

 

今はストレスもあるし、特に食事量も減っていない。

歳を重ねれば、以前のような量は必要としないはずだ。

 

もっと心に余裕が生まれて必要十分な量だけ食べるようになれば、メンタル面でもインフレ対策としても、そしてダイエットとしてもいいのではないかと。

楽天ひかりが実家に開通

-- FIREまで227日  

※2022年2月2日から、上記日付を1年前倒した。  

 

9月末のADSL終了に伴い、実家のWIFIの乗り換えが、GWにやっと完了した。

 

GWまでのの経緯。

  1. ADSL終了
  2. 楽天モバイルのポケットWifiを契約
  3. 基本動くし、かろうじてWifiの代わりになるが、母では不具合が起きた時(AU回線をつかむ時など)に再設定ができない
  4. 楽天ひかりを契約
  5. ルーターが古いので、ひかりは開通しているがWifiが使えない
  6. 夫がGWに来るまで、楽天ポケットWifiでしのいでいる(←今ココ)

 

夫は年末イギリスでASUSのハイスペックのルーターを購入したが(英語のものが欲しいのでイギリスでわざわざ購入)、今のマンションでは日本の縛りで使えないことが分かり、GWは実家でこのASUSルーターを試すことにした。

 

このハイスペックルーターは、ASUS製のIPV4 over IPv6にも対応しているもので、2万円以上した。

ところが、設定を始めた夫が厳しい表情。

また、あり得ない日本特有の縛りのようで、このルーターが使えない。

ネットで検索すると、同じルーターを試した人のブログ記事が出てきて、同様に楽天ひかりには使えないことが書いてあった。

 

日本特有の縛りというのは、DS-Liteというものらしく、ASUSルーターはこの規格に対応していなかった。

ちなみに、このDS-LiteだとVPNも使えないことも分かり、実家のルーターVPNを使おうと思っていたのに当てが外れたことも分かってがっくり・・・。

DS-Lite楽天ひかりに限らず、幅広く採用されている「日本特有の縛り」である・・・。

 

色々調べて、素直に、楽天ひかりが公式に対応ルーターとして明記しているルーターを購入することにした。

最低スペックモデルが5,000円くらいからあったが、中古だが上位モデルがメルカリで2,300円で販売されていたのでメルカリで購入。

 

さすが公式に認められた対応ルーターで、設定をちゃちゃっとやって終了。

中古品でも問題なく使用でき、ようやく実家にもひかりが開通した。

気になるスピードはこちら!

 

f:id:Copacabana:20220513210244p:image

 

ルーターを5Gにすると、夫も未経験の300MB越え!(今のマンションの無料Wifiだと、単位がkbpsのことあり、まじで。)

日本のネット環境(縛りや特有のスタンダード)に超不満な夫も、笑顔。

GW中はこの高速ネットをご満喫していた。

 

使ってみると高速ネットというのは本当にストレスなく快適である。

長かったが、ようやくADSLから乗り換えができ、実家が現代のネット環境に対応した。

車のドアをぶつけられた

-- FIREまで228日  

※2022年2月2日から、上記日付を1年前倒した。  

 

先日仕事をしていると、見知らぬ携帯番号からデスク電話に着信があった。

「○○さんですか?」と私のフルネームを言うので少し不安になる。

そうだと答えると、「△△と申しますが、自分の車を開けた時に〇〇さんの車のドアにぶつけてしまって。駐車場の管轄部署に連絡して〇〇さんの車だと教えてもらったので電話しました。」と。

 

隣に駐車してある車のドアに不注意にぶつけるということはよくある。

それで車が動かなくなることはないので、どれくらいのダメージかが問題になるだけだ。

 

駐車場に行ってみると、その方が居て恐縮しながらさっそくぶつけた箇所を示してくれた。

全然大したことない。

 

確かに傷は付いているが凹みもないし、磨けばきれいになるだろう、くらいのものだ。

 

この車も古いし、私がもっと派手にぶつけた跡があるので今回の傷なんて全然マシ。

言われれば確かに傷があるが、言われなければいつから付いていたんだろう?と疑問に思うくらいで、気にしなかっただろうレベルだ。

 

もうその方は警察を呼んでいたので、また警察に電話し来てもらうのをキャンセルしてもらった。

後からやっぱり直してと言われても保険を使えません、と念押しされた上で、了解して何もしないことにした。

 

防犯カメラもない駐車場で、少しの傷でも連絡をくれたその正直さが気持ちよかった。

私が派手につけた傷も同じで、お店の駐車場でやってしまい、相手が居なかったので逃げることもできたが戻ってこられるまで待って処理したものだった。

ぶつけた相手の方の車は社用車で、その方は、「事故なんて誰にでもあるんだから気にしちゃだめよ。逃げずに待ってくれたことが本当にこちらとしては有難いんだよ。」ととても励まされた。

 

今回の傷は浅いし私達も何も請求しないが、相手の人はやっぱり罪悪感を持つだろう。

その気持ちを忘れず、次からドアを開けるときに気を付けてもらえばいいのだ。

 

車は傷ついたが、相手の正直さに晴れやかな気分になった出来事だった。

(そして翌営業日には、菓子折りも頂いた。美味しい焼き菓子ご馳走様でした!)

 

リサイクルマークの無いリチウムイオン電池の処分

-- FIREまで229日  

※2022年2月2日から、上記日付を1年前倒した。  

 

結論から書くと、3年かかってやっと処分できた、という話である。

 

遡ること2019年春。

夫のゲーミングパソコンである、RAZERのノートPCのバッテリーが劣化してきたので交換した。

ネットで入手した互換品で無事に交換でき、不要になった純正バッテリーを処分することになった。



リチウムイオン電池の処分を検索すると、家電量販店等においてある回収ボックスで処分しましょう、という情報にまず行きつくと思うが、大きな問題が。

このRAZER社は、回収ボックスの加盟メーカーではなく、さらにバッテリーにも△矢印のリサイクルマークも付いていないのだ。

一度、もしかしてと淡い期待を胸に家電量販店に持っていったが、RAZER社のものは回収不可と言われてしまった。

 

自治体のごみ冊子には、このJBRC回収ボックスメーカーで処分するようにと書いてあるので、メーカーに問い合わせてみた。

 

RAZERのカスタマーサービスにメールコンタクトすると、バッテリー交換をご希望であれば、PCに入ったまま日本の修理センターに送り、有償でバッテリー交換できます、と頓珍漢な回答。

既に交換済みで、ただただRAZER純正品のバッテリーを処分したいということだけ伝えるのだが、全く会話がかみ合わない。

このパソコンはイギリスで購入したが、RAZERは日本でもメジャーに販売されているメーカーであり、日本で販売するメーカーは自社製品の処分が義務付けられているにも関わらず、処分方法に関して全く回答が得られない。

マザーボードの交換費用等、全く関係ないことばかり言ってきて、肝心の処分方法は答えてくれない。

 

RAZERに頼るのはもう諦めた。

最後の望みとして電池回収日に「有害ごみ」としてごみステーションに置いておいたが、自治体の回収では持っていかれず、本当に八方塞がりでずっと放置していた。

 

それでもFIREして引っ越すからにはどうにかせねば、とネットで情報収集。

リサイクルマーク無しでも今回だけ引き取ってもらった、とか言うイレギュラーな情報はあるが、正規のルートで破棄するには、処理業者に有償で引き取ってもらうしてもらうしかなさそうだった。

それでもいいかと思っていたが、そのような個人を相手にしている業者が近くに無い。

 

本当に捨てる手立てがない。

何ならイギリスまで持っていって、イギリスのごみ回収場所で破棄した方が簡単じゃないかと思えてきたほどだ。

 

そんな中、実家のごみ処分の冊子を見ていたら、なんと実家の自治体はリチウムイオン電池の回収を月1でやっていてリサイクルマークの有無の言及はないことを発見!

携帯の予備バッテリーなど、海外製が多いこれらの製品にはリサイクルマークが付いていないが回収してくれるようだ。

実家の自治体は規模が大きいため、リサイクルマーク無いから回収できない、と放置しておくことはしないようだ。

処分ルートを提供せねば、困った市民が一般ごみにこっそり入れてゴミ収集車が爆発したり、不法投棄される可能性があったり、それらのほうが問題になるのである。

大きい自治体はちゃんと考えてくれていて有難い。

 

そしてとうとう、今回GWに実家に帰った際に、指定日に回収場所に持っていき、無事に処分することができた。

3年かかったが、ようやく大きなプロジェクトが終わった。

 

今後は処分のことも考えて購入しないとな、と強く思った。