イギリス・日本の2拠点でFIRE(予定)

自分と未来は変えられる  選択肢を広げる生き方

実家の部屋のサイズ測定してみた

-- FIREまで711日  

 

昨日からの続き。

メジャーと筆記用具を持ち、FIRE後にメインの生活場となる2Fの部屋の寸法を測っていく。

 

さて、この寸法図をどうしようか?

あ、ブログに記録すればいいや!

と気づく。

ブログはメモ代わりにもなって便利だ。

 

まあ、だいたいこんな感じだ。(図からお判りのように、設計や建築の知識なし。)

f:id:Copacabana:20220119142219j:plain



6畳間は畳の部屋で、それ以外はフローリングになっている。

8畳間にだけエアコンがある。

押し入れなんかは一間(いっけん)単位の幅であろうから、測定しなかった。

 

8畳間の左側の棚は天井まであって、そこに祖父の本がびっしり数千冊詰まっていた。

それを処分したのが、私のミニマリズムの始まりであろうか。

 

2Fの4部屋の利用目的としては、

  • 寝室
  • リビング
  • 夫の趣味の部屋
  • 書斎

となろうか。

 

それぞれの部屋にまだたくさんの物が置いてあり、物置となってしまっている。

持ち込む身の回りの物は量を少なくする予定なので、越してきてから今ある物を処分していこう。

その頃にはFIREしていて時間はたっぷりあるはずだから。